東京レプタイルズワールド ~エキゾチックアニマル大集合~ に行った。

最初にお出迎えしてくれたトカゲ。店員さんに許可をとりシャッター切った。店員いわくキメポーズですよ! とのこと。

妖精っぽい動物のフェネック!だがちょっと顔が長い個体の様だ。ピントがズレているのはプロではないから許してほしい。

NARUTOの九尾に手足がそっくり。完全にキツネ

サイズ感がわかりづらいけどけっこうでかい亀。値段も高い。

ずっとこんにちはって言ってた鳥。ガキがうるせえなと思ったら鳥とは恐れ入った。

まるで小人のようだ。目と目が近いのが若干人間と違うところ

外に出たいんだろうな。

こいつもキメポーズをしている。爬虫類はサービス精神が旺盛だな。

ご覧いただけただろうか。この躍動感。急に砂漠を走り出したイメージだが進めていないのが悲しい。

学校の1クラス分はいるであろうフクロウ。壮観な景色だったよ。

それではみなさんまたお会いしましょう。さよならさよならさよなら。

再び俺は引っ越した。

およそ二年住んだこの部屋ともさよなら。理由はある。大家さんには決していえないが、湿気がすご過ぎてカビがやばい、殺す気か!! って思ったので梅雨が来る前に引っ越しを実行した。引っ越し業者に頼むと荷物をすべて段ボールに入れろと言われるからそれはいやなのでパッションメンバーにお願いしたらなんと全員来てくれた。あたたかい。普段やるライブもいつもこんだけあたたかいといいのに。

まるでゴミにみえるが全て大事な品だ。俺の半分はこのゴミのような物質でできているといっても過言ではない。

レンタルしたボンゴもパンパンだ。ひるぬま氏はこれ苦笑いしていないかい?

少しでも荷物を積みたい気持ちから助手席にも羽毛布団を入れた。

きっしーがなかなかの収納名人だった。大会があったとしたら県大会は行っているレベルだ。トレーニング次第では全国レベルに達することも可能だということを皆様にお伝えします。

そんなわけで結果的に今回はめちゃくちゃ楽だった。駐禁の危険もなくあっさりと無事に終わった。だから私はエクスペリアと言わんばかりの写真でさよなら。ありがとうございました。

コミケ2016冬に行った。

今更だが、逆ピラミッドってどういうデザインセンスしてんだ。奇才かな。

ジャンプをして画面から消えたら気を付けて。死ぬぞ。

吉良がとても良い。サンジェルマンの袋も芸が細かい。仗助は肌が十代っぽい。若い。

日本人とは思えないクオリティだ。部活でいうと関東大会レベルだ。

フェイト。左の衣装のが色が濃くて好き。

クロロがイケメンさんですね。ヒソカもハマっていたけど、太陽の光もクロロの味方をしている。

ドレスの気品に周囲が「うおっ!」ってなってた。混雑だからこそ、たまたまポジショニングがうまくいった結果さ。

リゼロのエルザ。こんな大胆な服装してたっけな? と現場で大きな声でほざいてしまったけどしてた。異世界というのはとてもスケベな世界。

こちらはエミリア。よくみると胸元が心もとない服装で異世界というのはけしからん。

デュラララのセルティ。都市伝説ではなかったんだな。

一般人がクシャーンに遭遇したら死を覚悟しないといけない理由の一端を味わった。

アリーナがテリーをチラ見しているのが良い。

ジャンプでは後ろで掲載されつつあるけどまだまだ大人気だったよ。

 

コミケ2016夏に行った。

最近のカメラは鮮明だからわかると思うけど、右の群れは人だからね。コミケはやっぱり人気だよ。

会社で使わせてもらっているパソコンをウインドウズ10にしたくなかったのに、上司が「やっといてあげたから」とのことで、すごく使いづらくなった。そんな事を思い出した夏。

今期はやっぱりリゼロ。水瀬いのり演じるレムの説得がすごくよかった。本物の鉄球を軽々と振り回す異世界ってやつはやばい。

レムを撮ったならラムもいないと。上目づかいをお願いしたらすごく戸惑っていた。

カバネリはけっこう見てた。後半の姫は空気だった。いやむしろテロに直接加担してたのに善人です、みたいなノリで終わったのが解せなかった。尺が足りない作品だった。

ワンパンマンのタツマキ。人的にはフブキの方がはまるはず。

自宅警備員もここまで開き直れたら立派ですな。

ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁ

板橋区花火大会2016に行った。

左が板橋で右が戸田。そうなんだつまり荒川を挟んで二つの花火大会が行われている、ラーメン激戦区の状況がこの花火大会である。以下大迫力の花火写真をとくとご堪能くださいね。

あまりの迫力におしっこをちびっても自己責任ですからね!

ピントがあってないけれど、この迫力。まるで花のような火だから花火と言うんだね。

夏の夜空に浮かぶ花火はまるで宇宙の始まりを感じさせる。

左したの輪は花火師の技術の賜物。サイコメトラーエイジの花火テロリスㇳをどうしたって思い出してしまう。

正直なところこの写真だと迫力は伝えられていないかもしれない。本当はすごいんです。

電池がなくなって合流できなかったけど、神々のゴライコーズのゆうちゃんも来て一人で見ていたようだ。最後のラッシュがすごかったと深夜にラインをもらったぞ。来てくれたグレート橋本、マジ感謝(ラップ調)。ラッシュの時はカメラをしまっていたけどね。

だって、カメラを持っていると花火が全然楽しめないのだもの。だからほとんどカメラはしまっていた。数分しかカメラを持っていない。

じんたんみーつけた。板橋花火大会来年もよろしくね。

EXO TERRA 東京レプタイルズワールド2016  にいったのさ

思っている以上に緑だよカメレオンは。あと、目の露出している部分が小さくて面白い。

恐竜っぽい

一生分のカメを見た。

一眼レフは被写体深度がいい感じ。もしかしてプロになれちゃいます?

一眼レフ感が出た気がする。

手の動きがかわいかった。形状も面白くて宇宙人みたいだった。

動きも含めて臨場感がすごかった。恐竜だよ。小さいけど。

鮮やかな一枚

広告のような写真が撮れた。

戸愚呂兄のようなミーアキャット。

小人みたいだった。父方のおばあちゃんにそっくりで、久々に思い出した。

ぱっちり二重瞼がかわいい。

おっさん感が出ているヤマアラシ。この日トップのでかさ。

カワウソはペアで240万。ペソじゃないよ円だよ。

アルマジロの外側はマジで鎧みたいですごい。

少女マンガを超えるくらい瞳がでかくてキラキラしている。

流し目のお手本。

コミケ2015夏に行ってきました

ジブリ集結。なぜかハウルの映画を一人で見に行ったのをふと思い出した。家で見るより空いてる映画館でみたい。

まさか久保帯人先生に会えるなんて、、、お忍びですか?

ブラックラグーンのアニメは俺の中の殿堂入りだから、レイヤーを見てテンションあがった。

マジで腹筋がすごい。自衛隊とかの人かな。ひさしぶりに目にしたけど久保帯人先生のデザインセンスはけっこういい。刀が鋼鉄だったらマジで迫力すごい。

スケットダンスのヒメコを今更やるなんて、やるなあ。って思って息巻いて並んでたら気づいた。ソーマのにくみだな。この夏はソーマがけっこう人気だった。

とても若く感じたからおそらくティーン。この二人も下のリトの餌食になってしまうのか!?

ネタに走ったな。となりのあの紐の人もいい感じ。

後ろの人たちもカエル様には興味深々のようだ。グランドリオンだったよね。

丸顔かわいい。のんのんびよりのれんげ

右のハウルがなかなかの美形。顔がちょっとでかいけど。

現代に対応したアラレちゃんである。見事だ。

俺は引っ越した

四年住んだこの部屋ともお別れ。引っ越しだ。本の数が半端ないから、ハイエースをレンタルしたけど二往復確定だよ。まじ熱いし大変。下手したら死人がでる。そんな中、手伝ってくれたのはパッションギターのひる沼氏とベースの前ちゃんだ!

お昼ご飯は河童寿司だ。手伝ってくれている人にはお金を出させない、男の中の男が俺だったのだ!!!!!

このテレビはやばい!! 下手したら死人がでるの一番の要因はブラウン管の36型テレビだったのだ。その重量は80キロはある。二人では足りない。常に三人で持つしかないのだ。さっきまでは駐車違反を意識して、バケツリレー形式で運んでいたのだが、化け物テレビは三人でいかないとこっちが殺されるのだ!!!

無事に化け物をハイエースに運び終わった俺たちは強気になっていた。ミッションをクリアした屈強なソルジャーの気持ちになっていたのだ!!! しかしここで予想だにしないできごとが!!!

駐禁を食らってしまいました!!! 時間的にテレビを三人で必死こいて運んでいるときにですよ。警察もどうでもいいところでいい仕事しますね!!!

レンタカーの店の人から、払ってね。払わないと25000円ねって言われたから引っ越し先の警察に出頭しにいきました。

そしたら、東京じゃないと無理って言われたので、引っ越しを続けました。一時間半は時間を無駄にしました。でもまあ、無事に終わってよかったです。ほんの気持ちだが、謝礼を忘れない男の中の男がなんと俺だったのだ!!!!!!!!!!!!

こいつは俺の友達。ペットに対して、お父さんだ!とかしゃらくさいことは言わない。それが俺の男道

レンタカーを返しに東京に戻った。その日のうちに駐禁を処理したくて、交番に出頭したけど、だめだった。たった三分で駐禁にしやがって!! 書いたやつのボケが! 豆腐の角に頭をぶつけろ!!